絵本コラム

絵本コラム 絵本コラム

〜子どもから大人まで楽しめる〜

「子どものもの」と思われがちな絵本だが、実は0歳から100歳までが楽しめる類を見ない文化といえる。研ぎ澄まされ練り上げられた豊かな言葉と、文字に表れない物語を紡ぐ絵とが相まって、読者を作品の中へといざなう。今回の展示は約250種600冊の絵本を実際に手に取ることができる。特に注目したい作品を紹介するので、絵本の世界を遊んでほしい。

大人だからこそ味わえる絵本として、「さっちゃんのまほうのて」、「おこだでませんように」を挙げたい。

「さっちゃん」は生まれつき手に障害を持つ少女が主人公だ。「さっちゃんはおかあさんになれないよ! てのないおかあさんなんてへんだもん」という友達の容赦ない言葉に傷つくが、両親の深い愛情や周囲の支えに包まれて乗り越えていく。障害児と家族に勇気を与え、多くの人が障害者に心を寄せるきっかけとなった一冊だ。「さっちゃん」のモデルの一人は今、立派なお母さんになっている。

「おこだでませんように」の主人公は、小学校でも家でも怒られてばかりいる男の子。七夕の短冊に、習って間もないひらがなで書いたささやかな願いが切ない。作者のくすのきしげのりさんは長年、小学校教諭を務めた。多くの子どもたちと過ごしてきた作者ならではのまなざしが温かい。

「『アート』としての絵本」では「ぶどう酒びんのふしぎな旅」と、「ふしぎなにじ」が出色だ。「ぶどう酒」は、切り絵作家の藤城清治さんが1950年に初めて出版した影絵絵本を、86歳の誕生日にカラー化し再出版したものだ。「光と影の芸術人」と呼ばれる藤城さんの手による、木の葉やレースなどの繊細な影絵が見事で、空のグラデーションが美しい。

「ふしぎな」は、造形作家のわたなべちなつさんが手がけた初の絵本だ。鏡の織りなす多次元の空間が、絵本に新境地を開いた。

「ぐりとぐら」、「からすのパンやさん」は、世代を超えて読み継がれている作品だ。大きな大きなカステラと、数え切れないほどのユニークなパン。いずれもあまい香りがたちのぼりそうな絵本となっている。

「ぐりとぐら」シリーズで、珍しく人間の子どもが登場する「ぐりとぐらとすみれちゃん」。すみれちゃんは、病気のため4歳で亡くなった実在の女の子がモデル。病床でも「ぐりとぐら」を読んでいたという女の子は、絵本の中で元気な姿を見せている。

「からすのパンやさん」は、今月末に90歳になる絵本界の重鎮、かこさとしさんの代表作の一つだ。2013年には、40年ぶりに続編が刊行された。子がらす4きょうだいの成長をたどる。それぞれに仕事を持ち、結婚していく姿が感慨深い。

毎日新聞 2016年3月17日朝刊14面 「絵本と私の物語展:子どもから大人まで楽しめる 本紙・木村葉子記者が解説」より転載

※毎日新聞社許諾済み